都会での葬儀、葬式は家族葬や密葬が一般的になりつつある

先日、ある全国紙の新聞広告に葬式や葬儀の事、特に家族葬についての記事が掲載されていました。 その内容を要約すると東京を始め首都圏の生活では家族同士が小単位になっている状態では、葬儀やお葬式を出す場合は一般葬というのが次第に少なくなってきて、逆に家族や親族のみの単位となっている家族葬が増えてきているとのことでした。 

そう言えば、葬式や葬儀というのは色んな形式が有って、一般葬から社葬、市民葬、合同葬、密葬、其れに家族葬などもあります。 特に、田舎の風習による葬儀などとは異なって、東京や首都圏などの都会での生活においては、人とのつながりがどうしても希薄になり出来ても小単位になります。 つまり個人や身内の関係のみがどうしても優先されてご近所同士のお付き合いというのが希薄になってしてしまうことが多いのです。 

又、葬儀や葬式を出す場合においては、特に予算面や費用面においても考慮しなければならず、其の点でも一般葬などに比べて安価で行うことが出来るのが家族葬や密葬ということになるでしょう。 他にも、家族葬や密葬というのは周囲に気兼ねや煩わしさや余計な気兼ね遣う必要もなく、気楽に出来るのが特徴というものですね。