都会での葬儀、葬式は家族葬や密葬が一般的になりつつある

先日、ある全国紙の新聞広告に葬式や葬儀の事、特に家族葬についての記事が掲載されていました。 その内容を要約すると東京を始め首都圏の生活では家族同士が小単位になっている状態では、葬儀やお葬式を出す場合は一般葬というのが次第に少なくなってきて、逆に家族や親族のみの単位となっている家族葬が増えてきているとのことでした。 

そう言えば、葬式や葬儀というのは色んな形式が有って、一般葬から社葬、市民葬、合同葬、密葬、其れに家族葬などもあります。 特に、田舎の風習による葬儀などとは異なって、東京や首都圏などの都会での生活においては、人とのつながりがどうしても希薄になり出来ても小単位になります。 つまり個人や身内の関係のみがどうしても優先されてご近所同士のお付き合いというのが希薄になってしてしまうことが多いのです。 

又、葬儀や葬式を出す場合においては、特に予算面や費用面においても考慮しなければならず、其の点でも一般葬などに比べて安価で行うことが出来るのが家族葬や密葬ということになるでしょう。 他にも、家族葬や密葬というのは周囲に気兼ねや煩わしさや余計な気兼ね遣う必要もなく、気楽に出来るのが特徴というものですね。

葬儀は伝えられると行く事になる

葬儀に参加をするときに、自分の意思で参加をすることが多いです。特に仕事関係の場合は、参加ができない時には参加ができる人に香典をお願いすることもあります。そんな時は、行くことができないものの移動しないので申し訳ないのですが楽と思うこともありました。

また葬儀に参加をする事について、そんなに自分の気持ちに正直になっていないと思うこともあります。それはほとんど知らない人の葬儀について、誰かから伝えられることにより、行くこともあるからです。そんな時は、あまり知らないので参加しないということを言い出しにくいですね。そのため、伝えられたら行く事にしています。

そんな気使いをすることもあるので、葬儀を家族葬でするほうがいいと思ったりします。本当にきて欲しい人だけで済ませたいと思うのです。それは故人もそのような気持ちで家族葬がいいということがあるんですね。私も自分の葬儀は、本当に親しい人だけで十分と思ったりしています。

事前に葬儀費用の仕組みを知る必要性

葬儀は不幸があれば避けて通れないものですが、費用がどの程度かかるものか把握しないと当日になってできないこともあります。葬儀会社は簡単に運営できるため国や自治体などから監視されていないことが現状で、終了後に様々なトラブルが起きているものです。仕組みは儀式費用とおもてなし費用、宗教関連費用から構成され、それ以外の項目があれば不審に思う必要があります。遺族は大切な人を失って冷静さに欠いて的確な状況判断をしにくいこともあり、安易につけこまれないようにすることが大事です。

儀式費用は祭壇や棺、位牌などの他、火葬や霊柩車などに関係するものがあります。おもてなし費用は料理や飲み物などのほか、改装返礼品や香典返しなどがあります。宗教関連費用は僧侶や神父などに依頼するために必要な金額で、付き合いがあると業者に紹介してもらうよりお得です。葬儀費用の仕組みはきちんと理解しないとセールストークなどで高額なプランを契約し、他社よりも余分な出費が増えることもあります。